So-net無料ブログ作成

シルベスター・スタローンの光と影。 [映画]

今日はシベルスター・スタローンの話しをします。
ラジオ局ニッポン放送の何かの番組でシルベスター・スタローンの話しをしていました。
そこを元に僕のブログでも話しをします。
なおロッキー特別編にもシルベスター・スタローン
が自ら語るエピソードにも同じような話しが入っていますので
是非チェックしてみて下さい!

シルベスター・スタローンは映画ではコケている。
ヒットした作品は「ロッキー」「ランボー」の2作。
ブルース・ウィルス主演の大ヒット映画「ダイ・ハード」
は最初はブルース・ウィルスではなくシルベスタースタローン
だったのだ。
しかしスタローンは脚本を見て「ややこしい」と言い断る。

20世紀最低男優賞を獲得しているシルベスター・スタローン。

ロッキーシリーズでもロッキー4が
最低主演男優賞。
最低監督賞。
を獲得しているのだ。

そんなシルベスター・スタローン。

あの名作ロッキーが完成するまでのストーリーを紹介。

1948年7月6日
アメリカ・ニューヨーク・ヘルズ・キッチン生まれ。
スタローンは出産時に医師のミスにより顔面の左側の神経がマヒしてしまった。
今でもほっぺをさする癖もある。

父は貧しい美容師・母はダンサー
父はいつも小さいスタローンに毎日こう言っていた。
「お前は俺と似て頭が悪いから、体だけはつくっとけ!体だけはな!!」
スタローンは小さい頃はとにかく不良だった。
小学校から高校まで退学は実に14回。
12才の頃両親が離婚。母と逃げるようにロッキーの舞台となるフィラデル・フィアにきた。

マイアミ大学にどうにか入学したが、授業料が払えず中退。
スタローンは寒い中家にストーブが無いのでエンジンのかかっていた
車で暖まっていたと言う。「これが本当の貧乏だ。」と言いながら。
この頃まだスタローンは10ドル以上のお金を見た事が無いほど貧乏だった。
24歳の頃どうにか仕事にありついた。その仕事が何を隠そう「ポルノ男優」
今でもこのポルノ映画はどこかにあると言う。
それでどうにか食いつきながら、スタローンは俳優のオーディションを受ける。
しかし54回不合格・・・
気づけばもうスタローンは30歳を下ろうとしていた。

しかしある日スタローンの人生が180度変わる。
それは1975年3月15日ボクシング世界ヘビー級タイトルマッチ
「モハメド・アリ対チャック・ウェプナー」との試合。

スタローンは銀行にあるお金160ドルの全財産をはたいてこの試合を見に行った。
この試合は余裕でモハメド・アリが勝つだろう!チャック・ウェプナーは3R持てば良い方だ。
ともう試合結果は分かっていた。
しかし!ふたをあけるとチャック・ウェプナーは初めてモハメド・アリからダウンを奪った。
結局試合はモハメド・アリがKOで勝利したのだが、この試合を見てスタローンは感動した。
1人残って試合会場で泣いた。

その後3日寝ないで書き続けた映画があの名作シルベスター・スタローン脚本「ロッキー」
である。

スタローンはダメ元でプロダクションに持って行った。
所が運のいい事に敏腕プロデューサーがこの脚本を気に入ったらしく
「良いじゃないか。うちがこの本を買おう。」
と言うプロデューサー「306万ドルでどうだ?(日本で言うと4000万)」
これを聞いたスタローンはビックリ仰天!!!プロデューサーはこう言う。
「この映画は絶対ヒットする!そうだなー主演はポールニューマン、
いやアルパチーノに当たってみよう。」当時のスター俳優の起用を考えていた。

しかしスタローンは一歩踏み込みこう言う。
「脚本買ってくれるのは嬉しいが条件がある。」

「 僕 を 使 っ  て く れ な い か ? 」

プロデューサーは目がテンになった。

「お前が?お前が出演するギャラは0円だ。脚本は306万ドルなんかで買わないぞ。
せいぜい2万ドルだな。」

しかしスタローンは押しとうした!
その熱意が通じシルベスタースタローンを起用する。

そして出来た作品がシルベスタースタローン脚本
「 ロ ッ キ ー 」
無口で不器用、好きな相手にも声をかけれない、トレーニングの朝生卵を飲む姿、
名シーンフィラデル・フィア劇場の階段をあけ上がるシーン。
全てシルベスター・スタローンが体験した事。

皆様ご存じのようにロッキーは1967年アカデミー賞最優秀作品受賞。
続編ロッキー・ザ・ファイナルもアメリカでは大ヒット。

いつもシルベスター・スタローンは口癖でこう言う。

「勝利がドラマなんかじゃないんだぞ!勇気を持って挑む事がドラマなんだ!!」

何か感動してしまいます。

ロッキー〈特別編〉

ロッキー〈特別編〉

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日: 2006/10/27
  • メディア: DVD


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(21) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 4

陽chan

『ロッキー』に辿りついた話、感動しました!そうだったんですか。。。
”ドラマとは勇気を持って挑む事だ”何事にも大切なことですね!
ところで、プロデューサーが、最初、主演はポール・ニューマンかと言ったということですがMIKIO11さんは彼知ってますか?古いですよ~ww

それと映画[ダイ・ハード]は最初はシルベスタ・スタローンだったんですか?実は私はブルース・ウイルスのフアンですw
by 陽chan (2007-02-23 21:55) 

玉田達也

陽chanさん
コメントありがとうございます。

感動しましたか?良かったです。
僕も感動しました・・・・
ポール・ニューマン実はあまり分かりません。
というか知りませんw
あまり外国の俳優さんや女優は知らないんですよねw
ダイ・ハードも見た事がないのですが・・・
by 玉田達也 (2007-02-24 16:59) 

玉田達也

DSilberllngさん
niceありがとうございます!
by 玉田達也 (2010-07-28 23:31) 

はな

結構、面白いです。もっと見たいです。

by はな (2017-07-13 16:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 21

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。