So-net無料ブログ作成
検索選択

『ロッキー』 [映画]

今日から皆様の投票でロッキー企画が始まりました。

まず僕が簡単にストーリーを紹介。
そして個人的な感想。
オススメポイント
計3つを重点において書いていこうと思います。
5日間どうぞよろしくお願いします。
毎回トレーニング動画を中心に動画も貼りたいと思います。

ロッキーが出来るまでの出来事を知りたいと言う方
はこちらからご覧下さい。
http://blog.so-net.ne.jp/mikkun-kenkyu/2007-02-23

『ロッキー』
1976年

監督 ジョン・G・アヴィルドセン

制作 ロバート・チャートフ/アーウィン・ウィンクラー

脚本 シルベスタースタローン

音楽 ビル・コンティ

出演 ロッキー:シルベスタースタローン
   ミッキー:バージェス・メレディス
   エイドリアン:タリア・シャイア
   ポーリー:バート・ヤング
   アポロ:カルーウェザース

日本人9人に1人が劇場に足を運んだと言われる
名作ロッキー

●STORY

アメリカ・フィラデルフィア

一人の賞金稼ぎボクサーとしてヤクザな生活を
しているロッキー・バルボア(シルベスタースタローン)
まったくマイナーな三流4回戦ボクサーである。
長年使っていたジム放り出されてしまう。
ロッキーは試合が無い時知人の高利貸しの取立人を請け負いながら働いている。
しかし根がやさしい事から上手く仕事ができない。
周りの人からバカにされ続けていた。

そんなロッキーも恋をする。
酒場で友人ポーリー(バート・ヤング)と酒を飲む。
ロッキーはポーリーの妹エイドアリアン(タリア・シャイア)
に恋心を抱いていた。
しかし好きな相手に話しをかけるのが苦手であるロッキーは
ポーリーに「妹とデートがしたい。」とささやく。
ポーリーがエイドアリアンを誘いロッキーとエイドアリアンはスケート場へ・・・
ロッキーなりにエイドリアンと距離を縮ませていく。
そしていつしかエイドリアンはロッキーにとって大切な存在となっていた。

恋も順調だったロッキーにある日
建国200年祭のイベントの一つ、ボクシング世界ヘビー級タイトルマッチ
でチャンピオン、アポロ・クリード(カルーウェザース)
の対戦相手はケガをして代役を探していた。
アポロはある事をおもいつく。
「アメリカはチャンスの国だ、無名で新人なボクサーにチャンスをやろう。」
面白い考えでトレーナーも納得。
そこで対戦相手を考えていたとき一人の男を発見
それが“イタリアの種馬”このリングネームにアポロは思う。
「イタリアの種馬と無敵の黒人ボクサーアポロ・クリード」
アポロはボクサーの名前で対戦相手を決めた。
それがイタリアの種馬ロッキー・バルボアである。
ロッキーは最初は乗る気ではなかった。

しかしこのチャンスを物にできればヤクザだった自分が
変わる事ができるかもしれない。
そして応援してくれる人々がいる。

そう考えロッキーはこの対戦を受ける事を決めた。

ジムのトレーナーミッキー(バージェス・メレディス)がこの話しを聞きつける。
しかしロッキーは今まで無視してきたミッキーに「俺は一人でやる。」と
言いトレーナーを断る。
しかしロッキーは帰るミッキーの背中を見て思う。
ミッキーを追う。そしてロッキーはやはり今で見てくれたミッキーにこの世界戦の
トレーナーを頼む。

そこからロッキーのトレーニングが始まった。

負けるかもしれない。
1Rもつかも分からない。
そんな不安な気持ちの方が試合直前まであった。
しかしロッキーは勇気を持ってアポロ・クリードに立ち向かう。

試合の賭け率は50対1。誰もがアポロ勝利という事は目に見えていた。

試合は誰もが予想していたようりアポロ優勢で進む。
しかし第1Rロッキーのはなったパンチがアポロをダウンまで
追い込んだ。
しかしその後もアポロの攻撃は続く。
ダウンしても何度も立ち上がるロッキーに場内は予想以上に
盛り上がった。
それはまさにロッキーがアポロに食いついていく姿にである。

この死闘は最終ラウンドでも決着がつかず判定にもつれる。

判定の結果はアポロの勝利。
15Rまで戦い抜くという目的を果たしたロッキーは何も構わずエイドリアンの名を呼び続ける。
のであった。

ここで『ロッキー』は終了したのである。

●個人的な感想。

シリーズで一番好きな作品です。
どの映画でも一番好きですねこの『ロッキー』は。
いやーだからこそ書くのは大変ですね、
どんな感じでこの名作を伝えればいいのか
分かりませんでした・・・
これを読んで意味の分からない人はいると思います。
そんな人はDVDを見てねw

この映画はもちろんボクシングに興味があってもなくても
十分楽しめますね。

このあきらめずに最後まで前にでる。
ロッキーの精神に感動を受ける。

試合は負けてしまうのだが、ヤクザから
ここまではい上がっていく所も良いですよね。

僕が上げるロッキーオススメポイント!
それは・・・・

●ロッキーオススメポイント!

『勇気をもらいたい時に見よう!』

僕が見てもらいたいのはロッキーの挑戦ですね。
この挑戦する気持ち。
この挑戦を見て何にしても「俺でもできる!」
と勇気もらう事ができるのじゃないでしょうか?
もちろん1回見るだけでは何も感じないかもしれませんけど。
僕は勇気をもらいましたけどね。

ロッキーを簡単に振り返る。



ロッキートレーニング

ロッキー (新生アルティメット・エディション)

ロッキー (新生アルティメット・エディション)

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日: 2007/04/20
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 2

陽chan

いよいよロッキー企画が始まりましたねwロッキーが出来るまでの出来事をもう一回読みましたーロッキーの生い立ち・・・退学を12回もした?両親の離婚、貧乏。。。

世界ヘビー級チャンピオン、アポロとの対戦も丁度モハメド・アリ対チャック・ウェブナーとの試合に似てますねぇ。。。15Rまで戦い抜いたんですか!

ロッキーの精神イコールNEVER  GIVE UP。『勇気をもらいたいときに見よう』ですか!2回目が楽しみ!!
by 陽chan (2007-04-09 22:05) 

玉田達也

陽chanさん
コメントありがとうございます。

はい!いよいよ始まりましたw
ロッキーが出来るまでの出来事を事前に読むのも
いいですよね。
まぁだからURL貼ったんですけど。

そうですね似てますね。モハメド・アリとアポロが
何かかぶります。それくらい似ている。
まぁ似ているようにスタローンが作ったんじゃないですか?

ロッキー2もお楽しみに!
by 玉田達也 (2007-04-10 15:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。