So-net無料ブログ作成
検索選択

『ロッキー5 最後のドラマ』 [映画]

最終日です!ロッキー5


『ロッキー5 最後のドラマ』
1990年

監督 ジョン・G・アヴィルドセン

脚本 シルベスタースタローン

制作 ロバート・チャートフ/アーウィン・ウィンクラー

音楽 ビル・コンティ

出演 ロッキー:シルベスタースタローン
   エイドリアン:タリア・シャイア
   ポーリー:バート・ヤング 
   ロッキー・ジュニア:セージ・スタローン
   トミー・ガン:トミー・モリソン

ロッキー5最後のドラマ。ロッキー・ザ・ファイナル制作が
決まってからは販売されている店にもよるが
DVDに『最後のドラマ』と書かれていない場合もある。

ロッキー5では、2,3,4と監督シルベスタースタローン
だったがロッキーの監督だったジョン・G・アヴィルドセン
が再び監督となった。
ロッキー・ジュニア役にはシルベスタースタローンの実の息子
セージ・スタローンである。
トミー約のトミー・モリソンは本物ヘビー級ボクサーである。

ラジー賞は今回は賞を取るまでもなかったがノミネートまで
された。
今回は特に演技に関してシルベスタースタローン以外に
タリア・シャイア、バート・ヤング
監督ではアヴィルドセン監督らがノミネートされる結果となる。


●STORY

ソ連で最強ボクサードラゴを倒してフィラデルフィアに帰国したロッキー。
ここまで得たものは数知れないが失った物の方が多かった。
恩師ミッキー、親友アポロ。今回はロッキーの体が失いかけていた。
家も破産状態となってしまった。

ドラゴとの死闘で脳にダメージをおったロッキーはついにボクシングを
引退する事を決意する。
そこで悪徳プロモータ、ジョジ・ワシントン・デュークが
ロッキーに「まだ出来る」と現役続行を進める。
しかしロッキーはボクシングをしない事を決めていた。
家族と暮らす事を優先したのである。
ロッキーはミッキーのジムで働いていたのである。

そしてある日一人の若者が訪れる。
その若者とはトミー・ガン(トミー・モリソン)だった。
トミーはこのボクシングジムでロッキーに色々教えて欲しいと頼む。
最初は俺にはできないと考えたロッキーだが、トミーの熱意に
心動かされトレーナーとしてトミーを育てあげる。

一方トミーに付きっきりのロッキーは家族との時間を忘れていたのだった。

ロッキーは着実にトミーを育てていた。
しかしある日トミーの目の前にまたもやデュークが訪れる。
トミーはデュークの甘い誘惑に乗ってしまい、デュークのジムに
引き抜かれてしまう。
デュークの元トミーは世界ヘビー級チャンピオンとなるが
トミーに対して観客が大ブーイング。
ロッキーを裏切った事で怒っているのである。

そこでデュークはロッキーを葬り去るために
トミーとロッキーの試合を仕組み始めたのである。

その時ロッキーはトミーがいなくなってしまったので
今までどうり家族と楽しく暮らしていた。

トミーが世界チャンピオンになった日の夜。
ポーリーとロッキーは酒を飲みに行った時、
トミーがロッキーの元にやってくる。

トミーは「お前と試合をしたい。」とロッキーに頼む。
しかしロッキーは無視をする。
トミーは店の中まで押しかけてくる。
そこでポーリーがトミーに「人間のくずだ。」と言い
トミーが激怒。ポーリーを殴ってしまう。
それでついにロッキーが怒る。
「俺のリングは外だ。」とトミーに言い
デュークは「リングで試合をしろ」と止めるが聞かず
その場でストリートファイトとなってしまう。

ロッキーは血を出しながらもトミーと戦いを続ける。
テレビまでおしかける騒ぎ。
ロッキーの家では息子ロッキー・ジュニア(セージ・スタローン)
がテレビでこの事に気づきエイドリアンと共にロッキーの元へ向かう。

ロッキーはトミーに殴られ続けその場で倒れてしまう。
その時ミッキーの声が頭をよぎる。
「この腰抜け野郎!立ってみろ!ミッキーがついてるぞ。」
この言葉を思い出し再び立つ。
そしてトミーにもう1Rと言い又対戦が始まる。

ロッキーはトミーとの壮絶な殴り合いの末
最後はロッキーが勝利したという形で幕を閉じる。

これでロッキー5は終了した。

ロッキーシリーズ完結。
と思われたが、2006年12月にロッキー・ザ・ファイナルが
アメリカで公開。
ロッキー・ザ・ファイナルは4月に日本に上陸する。

●個人的な感想

僕はこの作品はロッキーシリーズの中ではあまり好きではないですね。
ロッキーがトミーと出会いトレーナーとなるという所は
良いのですけど、やはりやるならボクシングでファイトしてほしかった。
あのストリートファイトは何だかロッキーを感じる事ができなかった。
ロッキー・ザ・ファイナルではボクシングでのファイトシーンがあるので
そこで大いに期待したいですね。

●ロッキー5オススメポイント

『ミッキーの言葉』

ロッキーシリーズ1−4を全て見たという前提で話しますけど。
今回オススメと言うか良いシーンという所ではミッキーの言葉ですね。
ロッキーが倒れている時にロッキーの頭の中で流れるミッキーの言葉が好きです。
シーリズを見ている人はこう思うのではやはりロッキーとミッキー!
今ミッキーはいないですけど、ミッキーは永遠にロッキーの味方。
この2人の関係は今もずっと深いなぁ〜
そんな感じがします。

皆さん5日間ロッキー企画を見ていただきありがとうございました。
明日から二泊三日いません・・・学校の校外学習で・・・最悪な三日間になる事は目にみえています・・・
最悪な三日になる事は必死です。なのでブログは4日後の火曜日から書きたいと思います。
左の浦和の試合、ロッキーカウントは3日進めておきますのでよろしくお願いします。

ロッキー5予告映像




ロッキー5 DTSエディション

ロッキー5 DTSエディション

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日: 2007/04/06
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(21) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 2

陽chan

ロッキー5では監督はシルベスタースタローンではないんですか?へートミー役は本物のヘビー級ボクサーなんですか?ロッキーは訪れてきた若者トミーに家族を忘れて育てたのに、彼は悪徳プロモータデュークにそそのかされロッキーを裏切ってデュークのジムに行ってしまう。この世にはよくあることだwしかしチャンピオンになったが観客は知っていたんですね、ロッキーを裏切ったことを。。。デュークは悪い奴ですねートミーと試合をさせてロッキーを葬ろうと図ったんですね。そしていろいろあってストリートで殴り合い?となる。当然ロッキーはトミーに殴られ、倒れますよ、ね。そのロッキーの耳にミッキーの声が聞こえてくるんですねー『。。。立ってみろ!俺がついている!』って。。。クライマックスだ!男と男の友情。。。まさに『炎の友情』じゃないですか~MIKIO11さんもここが??MIKIO11さんも親友を大切にしてくださいw共通するものがあるのでしょう。。。きっと!
by 陽chan (2007-04-15 00:35) 

玉田達也

陽chanさん
コメントありがとうございます。

そうなんですねースタローンは脚本と演技に集中したかったようですよ。
デュークの所に行くなどという所はよくあるんですか?
そこらへんはよくわかりませんw
チャンピオンになったときロッキーではなく
デュークにお礼を言っていましたしね。
そこで大ブーイング。

トミーとのストリートファイトは形はよくないですけど
あれがボクシングなら感動的だったかもしれませんね。
ミッキーとロッキーも熱い友情ですね。
僕も親友を大切にします。
by 玉田達也 (2007-04-16 18:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 21

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。